家族介護教室でシナプソロジーをしました。

シナプソロジーとは2つのことを同時にしたり、普段慣れないことを頭と体を動かしてする要するに脳トレです。
例えば、右手をグーで前に突き出し、左手をパーで胸の前にし、また、反対に右手をパーで突き出し、左手をグーで胸の前をリズミカルに繰り返し行うなどのようなものです。
そのほかは、数を数えて3と3の倍数のときに手を叩くなどといったものです。言葉で書けばとっても簡単なように思いますが、この単純な動きが意外に難しいのです。できなくても笑顔で楽しくコミュニケーションを交わしながら行うことに意義があるものです。
今日は、勤務先の介護施設で、地域とのかかわり事業の一環(営業も兼ね)て近所の方に参加していただき、講座内容としてこのシナプソロジーを行いました。
施設長に進行役を突然、転嫁されたため、この単純な動きに悪戦苦闘しながら、なんとか乗り切り、おおいに盛り上がりました。
参加者の方にも「楽しかった」と喜んでいただき成功に終わってやれやれでした。http://www.suburbanexpress.co/yosan/yousan-kouki.html