痛いくらい辛い激辛料理は食べ物なのだろうか?

私はあまり日常的にテレビを見ることはないのですが、最近、太めにする番組で激辛料理にチャレンジするようなシーンをよく見かけたりする気がします。
見るからに辛そうな毒々しい赤さの麻婆豆腐だとか、激辛スパイスを麺にまぶしたつけ麺だとか…
激辛料理と一言で言ってもけっこうバリエーションがあるようですが、どれもこれも相当辛いものには違いないでしょう。
番組では、それを芸能人の方たちがひーひー言いながら完食を目指すというものです。
辛い料理が好きだとか得意な人も登場して、平気で食べている姿に驚かされることがあるのですが、多くの人はあまりの辛さに顔しかめています。
さて、ここで思ったのだが、美味しい料理をあえて激辛にして、食べるのが困難にさせることに意味があるのでしょうか。
確かに辛いものが好きという人はいたりしますが、過剰なくらいに辛くしているのではないかとちょっと疑問に思ってしまいます。
番組の中のナレーションでも、「辛さがチャレンジャーを苦しめる」というような、食べづらさを強調するような表現をしていたりします。
これは私の個人的な印象でしかないのですが、なんとなく食べ物や料理の味というのを粗末にしているような感じがしてなりません。ベルタ酵素 送料無料