鉄やアルゴンなどの名前の由来などについて

名前の由来などについて勉強しました。鉄(Fe)の名前の由来は、強い金属という意味からつけられました。銅(Cu)の名前の由来は、銅の産地キプロスから島からつけられました。ヘリウム(He)の名前の由来は、ギリシア語の太陽からつけられました。アルゴン(Ar)の名前の由来は、ギリシア語のなまけものからつけられました。次は、酸化についてです。物質が酸素と化合する化学変化を酸化といいます。長時間放置された鉄剣は、鉄の部分がさびてしまいました。金、白金などは酸化されにくいそうです。だから、装飾品に使われているのだそうです。エタノールやスチールウールの燃焼も銅やマグネシウムを加熱したときの反応も酸化です。次は、さびるしくみについてです。鉄の表面に水がつくと、鉄が水にとけこんでいきます。水にとけた鉄が酸化して酸化鉄となり、沈殿します。水分が蒸発してさびた鉄だけが残ります。知らないことを勉強できて良かったです。エピレvio効果