鉄やアルゴンなどの名前の由来などについて

名前の由来などについて勉強しました。鉄(Fe)の名前の由来は、強い金属という意味からつけられました。銅(Cu)の名前の由来は、銅の産地キプロスから島からつけられました。ヘリウム(He)の名前の由来は、ギリシア語の太陽からつけられました。アルゴン(Ar)の名前の由来は、ギリシア語のなまけものからつけられました。次は、酸化についてです。物質が酸素と化合する化学変化を酸化といいます。長時間放置された鉄剣は、鉄の部分がさびてしまいました。金、白金などは酸化されにくいそうです。だから、装飾品に使われているのだそうです。エタノールやスチールウールの燃焼も銅やマグネシウムを加熱したときの反応も酸化です。次は、さびるしくみについてです。鉄の表面に水がつくと、鉄が水にとけこんでいきます。水にとけた鉄が酸化して酸化鉄となり、沈殿します。水分が蒸発してさびた鉄だけが残ります。知らないことを勉強できて良かったです。エピレvio効果

廃盤になって買い足せなくなった食器を処分

とても気に入っていたボーンチャイナの食器。
少しずつ割れてしまい、そのたびに購入した店で買い足して使い続けてきました。
しかし、とうとうその食器が廃盤に。
買い足せなくなってしまったため、割れたら数が減るばかりです。
半端な数になったので、まだ使えるものですが残りの食器も処分することにしました。
似たような食器が他店でありますが、色とか形が微妙に違います。
そういう違う食器を買ってきてちぐはぐに使うと、日々の食生活のささいなストレスになってしまいます。
だったら、多少もったいなくても潔く買い替えたほうがいいかなあと思ったんです。
使い心地いい食器でしたが仕方ありません。
似たようなものを5枚買ってきて、それを新しく使うことに。
なんか、5枚って数がひとくぎりなんです、私にとっては。
奇数のほうが縁起いいってききますよね。
7枚じゃあさすがに多すぎるので5枚でいつも買いそろえています。
ほとんどのものが5です。コップも、茶器も、カラトリーも。
まあ我が家は客人は身内ぐらいしか来ないので、ひとまず5客揃っていれば事足ります。キレイモ 全身脱毛

今年初めて!たけのこをもらったので調理してみました

昨日、実家から「タケノコが食べごろだよ」って母から連絡が来たので本日、たくさんもらって来ました。タケノコは買わなくてもにょきにょき生えてくるのが田舎の嬉しいところですね。子供の頃は時期になるとしょっちゅう食卓にのぼっていたのでそんなに美味しいものだと感じていなかったのですが、自分で食事を作るようになった今は何だか懐かしくて美味しく感じます。山菜やタケノコには灰汁があるので抜かないと食べられません。タケノコのあく抜きにはぬかを使います。煮た後、一晩ほっておくと良く灰汁が抜けて調理が出来るようになります。スーパーで売ってるタケノコがいかに便利なんだろうって感じさせられますよね。今回はタケノコの煮物をたくさん作ってから炊き込みご飯や和風タケノコグラタンにリメイクしていきます。ずっと煮物だけでは飽きてしまいますしね。旬の食材を上手に取り入れながら毎日の食事が健康的で楽しいものになるように努力しています。