アラフォーは風邪を引いても熱が出ない…!

幼稚園の子供が2人いるので、よく流行の風邪を貰って帰ってくるんだけど、気をつけていても伝染される事があります。

ところが体調は崩しても熱が出ない!だいたい37歳くらいからでしょうか。熱を出す体力も無いっていう事でしょうかね、やれやれ。

熱がないのでウッカリ、「なんか昨日しんどかった気がしたけど、今日は大丈夫!」なんて思い込んでしまう訳です。

そして幼稚園の送迎の途中で、

「体が重い…自転車が重いぃぃっ…」

となって、3人乗り自転車が右へ左へフラフラ…。

やっとの思いで子供たちを送り届け、家に帰ってすぐダウン。こんな事態も起こってくる訳です。

やっぱり熱があるか無いかがバロメーターなので、自分の今の体調がわからなくて困るんですよ。年齢のせいとはいえ不便です。

それとももしかして、風邪をひいても子供2人の世話ができるよう、体が育児特別態勢に入っているんだろうか?!

一気に熱を出して一気に治った方が体は楽なのになぁ。母はしんどし…もとい、強しですね。うなじ脱毛

中学校受験の模擬テストをできるだけと受けているけど、難しそう

赤ん坊が小4から中学生受験学校を通じていて、ついに本年中学生受験となったけれども、
今までは、キャパ判定チャレンジというスクール内でのチャレンジだったので、赤ん坊己も気楽な事態のもとで受験はしていました。
ただし、小6でのキャパ判定チャレンジは一気に志望校判定チャレンジとも連動しているので、
今までグダグダモードで答案を解いていても記録はよかったのに、
志望校の判定も重なってきたので、箇条も辛く、最初の志望校判定はクタクタの結果に終わりました。
そうして、また近日中にスクールでキャパ判定&志望校判定チャレンジが受け取れるので、
もう必死になって勉強してある。
そちらというのも、自分が行きたいという志望校のゼミナール観戦会があって、実際に自分という二人で見に行って、
愛するゼミナールが見つかったので、「絶対合格したい」という心情に切り替わったようです。
そうして、スクール外側の模擬チャレンジ社がする志望校判定チャレンジの請求が迫っていることを
インターネットでわかり、慌てて個人で申し込みをしました。
本来スクールで一斉申込みなのですが、忘れていたとのことで、ちょっと驚がく。
も間に合ったので、受験は大丈夫。
依然、いかなる不安が出てくるか、長女はスクールのチャレンジでしか知りませんから、
如何なるチャレンジが外側のチャレンジでは出されるのかといった、至極楽しみにしてある。キレイモ 無料カウンセリング 予約